2009年11月28日 02:08

最近は仕事が激減してるのが嘘のように
めまぐるしく忙しい日々です。
楽しい事や日記に書きたい事が沢山
あったんだけど、なかなか書く時間もなく
あっという間にすぎてくね。

あっという間に恋人達のための季節がやってくるぜ。
シャンシャンシャンシャン・・・。
春が来るまで耐えるのよ、私!


先日「山田マキ」さんのライブで
ベーシストとして、先生の大事な友人ハポテツが
帰ってきておりました。

マキちゃんはボーカリストとしても好きなので、
二人のからみが楽しみだったけど、
とっても素敵なライブやったー。
ハポテツのベースも久々に聞いたけど
ブランクを感じさせない、やっぱり
好きなベーシスト。

んでそれに伴って、もう一人大事な友人K介も
来福。K介はとっても久しぶりな上に、
愛娘も初ご対面!かわいい!

「なんでこんなにかわいいのかよぉー。」

と歌いたくなるほど、孫が出来た気分です。
早速「ばあば気取り」を決め込んだよ!

今回の来福を終えて思ったことは
二人とは青春時代をどっぷりすごした事もあり
代えがたき友人というのは、もちろんですが、
二人の愛する奥様方もいつのまにやら
私の大事な友人達になっており、そして、
生まれた娘もこれからもっと
更に大事に思うんだろうと思うと、
大事の連鎖がつながって、
すげー事になるんじゃないかと思いました。

だからやっぱり二人は大事だなぁと
しみじみ思いました。

tetsukeisuke.jpg



んで、先生のもう一つ大事なものが
家のワンコのモモちゃん。
ここ最近、急に「癲癇」の発作を
起こすようになったのよ。

で、病院につれてったのですが、
心臓肥大と肝臓がかなり悪いらしく、
脳の腫瘍も考えられるっていわれたからには
地獄の底までまっしぐらです。

もう10歳を越す老犬なので、
薬をあげるのも怖い~。
なかなか私の元気玉をつくれないので、
なんとかみんなの元気玉をモモちゃんに
わけておくれ。


あ゛ーーー。



考えてもどうにもならないことって
すごくやっかいだね。




写真はモザイクをかけるのもあれなので、
ちょっぴり絵画風?にしてみました。
またのご来福おまちしております。

不滅の男

2009年11月04日 22:02

マイケルでボロ泣きした次の日、
ハイコレ100にいってきた。


100回!


憧れの遠藤賢司さんとノントロッポ
ツーマンとの事で、
ボギーの日記を読むと、気合がパソコン画面から
つきでていた。

前にもいったように、先生は無知から
遠藤賢司さんがすごい人だという事しか
しらなかった。

でも、パソコンからでている熱のようなものが

「こないと後悔するぎゃー」

といっていたので、どっちかというと
エンケンさんより、ツケでもいいから見て欲しいという

「世界で一番熱くなってる男」


ボギーを見に行った。
ノントロッポはみんなの顔から
エクトプラズムがみえた。

超満員のお客さん。
もちろんエンケンさん目当てのお客さんも
沢山いたんだろうけど、
私には100回も、ものすごいもの見せ続けて
くれた「ハイコレ」に対する恩返しのような
お客さんの「愛」を見た。

私、ものすごい人とかかわれてるんだなぁ。

改めて、「すごい」とおもった。
どこまでも全身全霊の演奏と、
みんなの愛で


「第一ダム開門~!」


ううう。泣かせやがる。
※ちなみに涙腺がよわくなってるのは
脳が衰えてる証拠だって雑誌「わかさ」に
かいてたよ

アンコールが鳴り響く中で、
アンコールをせず遠藤賢司さんにバトンを渡す
ノントロッポ、かっこいい!

そして初の遠藤賢司!

先生はわざと事前に映像とかなにも見ずに行った。
おかげで生エンケンをいきなり体感したのだが、



正直ショッキング死するかとおもった



MCでの「自分はこうだ。」
というブレのない発言、壮絶なまでの
歌とギターはもちろんよかったが、

それだけ、すごくて、
もう40年も音楽でメシをくえてて
神様のようにあがめられてる人が歌う

「僕の音楽は本当に良いの」

は衝撃的だった。
たしか歌詞が

「僕が頑張って歌い続けている年寄りだから
僕を誉めるの?今とても自信がないよ」

えーー!不滅の男なのに!

「このまま線路に飛び込んだら この先はあの娘の駅だよ
 そしたら誰よりも先に あの娘に伝わるのかな」

還暦すぎてたって必死で生きてるんだ。って
誰だって必死でいきてるんだってエンケンさんが
言って、


「第二のダム開門しまーす!」


どしゃー。
その後、ギターを爆音でならしながら、
ドラムを叩きまくる、ギターをかついで
歌舞伎の見得を切る様は、
まるで神様だった。

すごいものをみると、男も女も若い子も年よりも
関係ないんだね。

私今日見てなかったら、一生知らずに
生きてたかもと思うと、本当にハイコレに感謝したい。

そして圧倒的な存在感をみせつけた後の
アンコールでの

「夢よ叫べ」

お前がやらなきゃあの夢は 二度とは瞬かぬ

そうさそんな夜に 負けるな友よ 夢よ叫べ



もうね、そりゃ泣きますわ。


最後のボギーの挨拶の途中、エンケンさんが
「ものまね王座決定戦」みたいに
後ろからでてきて、ボギーをだきしめる。
んで二人でしこを踏む


もうね、そりゃ泣きますわ。


いつもの胴上げをせず、深々と頭をさげるボギー


もうね、そりゃ泣きますわ。


最後「もう勘弁して」と思った。




ダム決壊!

マイケルにとりこまれた日

2009年11月03日 12:29

最近まで全然音沙汰なかったのに、
いきなりやってきて、勝手なのよ。


冬め!



寒いだけならまだしも
風がうっとおしいったら、
あんたなんて大嫌いよ


そんなことを考えながら
自転車をこいでいた昨日。
急ぐはマイケルジャクソンの
「THIS IS IT」

途中怒った北風にマイケル風帽子を
飛ばされ、10mほど帽子と追いかけっこ。
捕まえた先が小学生達の中だったため

「わー!マイコーヤン!マイコーやん!」

と5人の子供達に囲まれる。
からかわれたのも気づかず
子供達とハイタッチをなどかわす
満更でもないワタクシ。

F1000217.jpg



それはそうとして、映画!
パトラとも言ってたんだけど
今年でダントツNo1の映画だった!

この「THIS IS IT」の公式サイトみて!



http://www.thisisit-fans.com/index.php?language=jp



先生がマイケルのモザイクの一部になってるのよー!!(泣)
以前応募してたんだけどね。
さてさて、さあさあどこでしょう?
答えは「この中で検索する」をおして
ファーストネームの所に kanpo といれて
検索(提出するを押す)すれば
あらびっくりだよ~ん。


それはそうとして映画!

行く前は

「哀しみ泣き」


するとおもってた。でも
ただリハーサルをうつしているだけなのに、
マイケルの愛、マイケルに対する愛を
感じて、哀しみというよりもなんともいえない感動の嵐。

まず冒頭、マイケルなんかからっきしもでてない場面で
「この映画はマイケルからファンへのプレゼント。」
的なナレーションがでてきた時点で号泣。

その後も過剰な演出はしてないにもかかわらず
興奮したり感動したりで、何度も号泣。
映画が終わったときには、放心状態で席もたてず
ただ泣くばかりで、しばらくの間、話もかわせないほどでした。
マイケルよく知らない人でも絶対みてほしい!

一言でいうなら「愛」です。


そして今日は「遠藤 賢司」氏に対する
深い愛を日記でみせつけてくれた
ボギーの愛を見に、
ハイコレ100 にいってきまーす!


http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Keyboard/8256/highcolle.html


先生エンケンとエノケンの違いも定かじゃないけど
あんな意気込みみせられたらいくしかないよね。