カオースランド 第2章

2011年08月30日 11:32

昨日は弾き語り用の一人スタジオと決め込んだ漢方ですが、
楽しすぎて延長し、翌朝見事に喉が切れていた。
バカバカ俺のバカ。

夏が終わる前に夏の記憶を探らなきゃ!
という事で前回書いたカオスランドの第2章です。


第一章はこちら→http://mosmansan.blog14.fc2.com/blog-date-20110726.html



~係りのおっちゃんに手招きをされ、なかば無理やり乗せられた
子供用のバイキング・・・・炎天下でただでさえおかしくなりそうなのに、
へんなおっさんの暇つぶしに付き合い、不安を隠せない二人であった・・・・。


----------カオースランド 第二章--------------


IMG_4431.jpg



「はい、ゆっくりとまりまーす!」

子供用バイキングは大きな大人を2人も乗せ、
「ギギギッ」と壊れそうな音を立てて止まった。

そのとき、おっちゃんが耳を疑うような一言をはなった。


「はい、もう一回~!!」

困惑する私たちに、

「大丈夫、大丈夫、フリーパスやけん、何回でものれるっちゃけん。」


というと、腕にはめたフリーパスのバーコードをすばやく
ピッと読み取った。

2回目も無事終わり、嬉しそうなおっちゃん。
しかし、出口からどいてくれない。

「今乗ったときに流れている音楽あったでしょ?」

とおっちゃん。確かに、大正ロマンや昔のサーカスのような
音楽が流れていたような・・・・・・

「うーん、わからん。」

「絶対わかるから!!!80人聞いて、15人はわかったよ!
大丈夫!絶対わかるから!!」

そして・・・・・・・・・・・・


「はーーーい、もういっかーーーーいいーー。」


またもや、ピッとフリーパスを通され、乗せられる私達・・・。
このぐらいから自分たちの置かれているカオスな状況に
笑いが止まらなくなる。




「チャララ~ララララララ~♪」




なんか昔っぽいのはわかるが、聞いた事ない曲だ。
第3回目のバイキングも終わり、「全く知らない曲でした。」
と告げた。


「いや、よく聞いたら絶対わかるって。80人聞いて15人わかったっちゃけん、
あんたたち2人もおるんだからわかる。」



もうおっちゃん理論・統計学、めちゃくちゃである。


もう拷問に近い4度目。
笑い方もフヘヘフヒャヒャとかおかしくなってきている。
そんななかおっちゃんがいった。

「ヒントはひまわり!!」

わからーーーん!
4度目も終わり、

「やっぱり知らない曲!」

ともう勘弁してとの気持ちをこめていった。

おっちゃんは言った。




「とっとこハム太郎」と・・・・・・・。



えーー!!ハム太郎ってあんな大正ロマンみたいな歌なんか?!
嘘やん!

その後おっちゃんは

「あのパラソルの下で写真を撮ってあげよう。」

といってアラーキーばりに写真を撮ってくれた。
私達は子供用バイキングを背にこういった。

「楽しかったけど、あのゾーン(わんぱくエリア)に近づくのはやめよう。」


その後も人っ子一人いないので、
アトラクションは乗り放題だったが、
80%はカオスだった。

一番ショッキングだったのが、



「デンジャーメイズ」



名前からしてデンジャーであるが、
どうもシュールが売りらしい。
はいってみると何故か全面的に大プッシュされている
「ラーメンつけ麺僕イケメン」の人・・・・・・・・。

この館が、何を目的に、何をするために作られた館なのか、
1ミリたりともわからず、頭のおかしな人がつくったんだろうということで
納得した。それぐらいのシュールさ。
グリーンランドに行った方は是非とも一度ははいってほしい。
自分の無力ささえ感じさせる場所。デンジャーメイズ・・・・・。

そして子供向けのお化け屋敷でさえ腰を抜かしていた
ワタクシが、始終ポカーんとして終わった


「暗すぎて何も見えないお化け屋敷。」


ただでできる輪投げの景品は・・・・








IMG_4414.jpg



「お姉さんとデート」



字体ですでにわかるが、そこにいるのはおばちゃんである。
(大日本警察でも放送されたらしいよ)



など、三井グリーンランドなんて、
私と同世代のお友達は何十年も行ってないだろうけど、
あえて今行ってくれ。子供の頃とは違った意味で楽しめる。

そして一番よかったのは

「アイスランド」
IMG_4433.jpg


あのよくある南極の温度のやつね。
暑かったからね。
4回ぐらいはいったよ。


そんな遊園地三井グリーンランド。
存続も危ういこの遊園地を守るためにも
みんなで行こう!!


IMG_4430.jpg




係の人がめちゃくちゃほめ上手なアーチェリーもおすすめ。
IMG_4408.jpg
IMG_4406.jpgIMG_4429.jpg

夢は儚いから夢なんだ

2011年08月24日 18:59

1年間、想いに想いつめて、やっとこさ買ったベットが

「朝快適に目覚めるどころか、全身が痛かったら・・」

貴方ならどうしますか?

私?とりあえず・・・・・・・・・・・・・・・泣いたね。



朝起きたら全身がビリビリしびれとる。
身体にフィットしすぎて、寝返りうててないのか?!
床ずれまっしぐらーー!!

と、そんなことはどうでもいいという皆の想いは
ひしひし伝わってきてます。

しかし最近めっきり日記もつぶやきも少ないね。さ・み・し・い。

という事で、みんなが書かなきゃ俺がやる!
時代に逆らって日記を書きまくってやるーーーーーー!!!


嘘やけどね・・・・。みんなマメな人はえらいよ。おまめちゃん。

漢方先生は最近新しいつながりもできて楽しい毎日だよ。
最近も熱狂的にエレカシ好きの集まりに呼ばれた。
凄くマニアックに好きな人達ということで、
先生はエレカシそんなに詳しくないし、
浮いて浮いてプカプカプー!だろうなと思っていたが、
暖かく迎えていただき、しまいにはカラオケまで参加させてもらい、
それは楽しい宴でした。

何かを熱狂的に愛するという気持ちは、私にもわかるので、
気持ちが熱くなったよ!刺激ーー!
しり込みしなくてよかった。

明日もなにやら、ほとんど一緒に飲んだことない宴に呼んでいただき、
酒の場に呼んでいただけるのは大変うれしいので、
これからもじゃんじゃん知らない所にも、
首をつっこんで行こうと決意しました。
うちのメンバーも2人は酒で知り合ったし。


なんかただ


「飲みたいだけを大々的に熱く主張した日記」

になってまいりましたが、
先生なんと弾き語りライブが3本もきまっています。

一人の弾き語りは、「絶対的な自信のなさ」から
断りつづけていたのですが、
先生が夢とハザマで血迷っている内に
気づけば3本決まってました。
要するに「YASU☆UKEAI」だよー!

しかし、ありがたい事なので、
やるからにはちゃんとやります!!

まずは2本ご紹介。何故か2DAYS!
酒を飲んでクダを巻きたい時のBGMにぴったりの唄を
ご用意しております。

飲もう!!


そういえば、釈姐から
「あの日は楽しかったわ(うふ)」
と写真が届いたよ!

DCF00426.jpg




DCF00421.jpg



ラストステージでまさかの新曲を披露し、
しゃくれあがりまくった最後だったわ。
みんなの心に残ればいいなと申しておりました。

釈麗子 フォーエバー!

IMG_4487_convert_20110824185711.jpg


2011年8月30日/火曜
SOUL KITCHEN
※「弾き語り甲子園」
●中央区春吉3-21-28-7F
●1,500円 1drink付き
●OPEN/20:00
●cast/
 ジャスティン小川(JUSTINe & the nite trippers)
 Crazy Mee(The Bashow)
 義樹(ex.SUPER CRUNCH FUN)
 カズ(The AndroidFeedback)
 漢方(漢方先生)
 モリサキ(HEDGEHOG)
 農添弘一(KISS SCENE)
 きんと(拾六屯)
 ロバート(LOVE DRUG STOR




8月31日(水) gigi 21時スタート
投げ銭ライブ(ワンドリンクオーダー)

おおき恒平 みかみかん

long long ago

2011年08月06日 21:45

いやー、暑いね。熱いね、熱もでたね。
ワタクシ漢方、初めてといっていいほどの健康診断を
してきたよ。「バリウムが全部でてないかも事件」は
つぶやきなどでひとしきり騒がしてもらったんで、
しってる人もいるかもしれないけど、
みんなバリウムに詳しいね。助かったよ。
このバリウムマスター達め!

しかし健康診断で不健康になったなんてね。
この世は怖いことばかりだよ。


それはそうと、今日は、久しぶりに
「釈姉さん」が来福してるってんで、
スタジオに遊びにいったよ!

釈姉ったら、前回の伝説のライブから一転、
唄の世界からバッタリとアゴを洗い、
しじみ漁の漁師にとついでいったっきり
音信不通・・・・・。
先日の「あの人は今」でも探されていたけど
全く消息不明だったものね。

久々に歌うって言ってたけど、
なかなかどうして、見事なしゃくれだったわー。
しゃくりまくってたわー。



今回かぎり、もう最後にするわっていってたから、
是非みにきて、しゃくれあってね!


※大好評またまたやります、年に一度のお勉強タイム!
田口史人のレコード寄席~!!
今回は、田口氏曰く「これが今、熱い!」ガレージ演歌のめくるめく世界を大特集~!



20090116_20110806214424.jpg


釈麗子でございます。


8/9(火)【田口史人のレコード寄席~ガレージ演歌の世界~】
@ 福岡・JUKE JOINT
http://juke-records.net/jukejoint/
19:00開場、19:30開演 (12時すぎくらいまでやってます)
料金1500円+1ドリンク

司会と選曲)
■ 田口史人(円盤・東京)
■ ボギー(ヨコチンレーベル)

演奏)
■ 釈麗子(インディーズ演歌歌手)
■ のーのーの(インディーズアイドル)
■ ボギー


【レコード寄席とは?】
東京高円寺の特殊レコード店「円盤」店主、田口史人がおくる全国行脚トーク・イベントである。日本屈指の珍盤・奇盤レコードコレクターでもある氏のライフワークとも言える活動であり、その膨大なコレクションにはア然とするほか無い。何故こんなレコードが世の中に存在するんだ!?何の目的で制作されたんだ!?というツッコミ放題のバカレコードから、バカだけどカッコE!バカ・レアグルーヴものまで、ゲラゲラ笑って目からウロコの音楽ビックリ博覧会!レコード文化の裾野に広がる広大な世界を探訪します。


例えば
幼稚園のピアノの発表会の記録レコード
卒業式の実況録音のレコード
警視庁が捜査に使ったレコード
農協の有線放送番組は実はレコードをかけていた
レコードを作る会社が自社の営業のために制作したレコード
結婚式の引き出物として作られたレコード
飲み屋のサービスとして自分が歌ったカラオケ歌唱がレコードに
ブロマイドとして制作されたレコード
絵はがきとして制作されたレコード
切符として制作されたレコード
雑誌として制作されたレコード
オモチャとして制作されたレコード
溝が片面に何本も切ってあるレコード
1分間に4回転しかしないレコード
さらには持ち主がカスタマイズしたレコード
中古レコードに紛れ込んでいた手紙
そして、ことあるごとにレコードを作るので、レコードを並べてみたら
作り手の人生が見えて来てしまった例


などなど。
レコードが生活に密着していたがために見えて来るその時代、暮らし、
その生き生きとした姿をレコードにじっと耳を傾けて触れてみませんか?

※当日は「円盤」店内に並ぶマニアックかつ貴重な商品の出張販売あり!