本当にあった、にほん昔話

2013年11月11日 22:59

nikugami2.jpg


昔々、遠い昔のことじゃった。

西の博多という村に、
肉神様という、それはたいそうな神様がおったとな。

肉神様は、村一番の祭りになると、
山の上から

「えっちらおっちらしょ」

と大きな肉を運んでは投げ、
また運んでは投げ、

その肉の積み重なった山は
村の一番大きな蔵ほどの高さになったそうじゃ。

人々は酒をのみ、肉神様の肉を食べて
楽しく宴を開いておった。

だがある年の事、宴を開いてもいっこうに
山から肉神の肉が飛んでこなんだ。

次の年も、その次の年も
村人達は、肉神の肉を待った。

そのうち、人々は飢えに苦しみ、
宴を開いている場合ではなくなったんじゃ。


心配になった村人の漢方が
肉神様の様子をみにいったところ、
そこにはやせ細った肉神様がおった。

「もう、おらにはみんなに食わす肉がねえだ。」

「そんな事いわねぇで元気だしてけろ。おら達これじゃあ
飢え死にしちまうだ。」


肉神様はか細い声でいった。

「それなら東の果てにある、六弦の鬼の髭でできた
楽器をもってきてつかあさい。」

村人の漢方は

「それならいっちょいってくらあ。」

と東の果てで開かれる「鬼宴」にでかけると、
鬼たちの前で

「宴に私の唄はいかがですか?」

と持ちかけた。酔っ払った鬼たちは


「いいぞ、西の果ての漢方という者。お前の唄を聞いてやろう。」


しめしめとばかりに漢方は歌いだしたそうじゃ。

「ボーーーゲェーーー!」

「うわ、こりゃかなわん、参った参った!」


すかさず漢方は、弱った鬼たちの髭を引っこ抜くと、
一目散に村にもってかえり、村一番の大工に渡して
大きな六弦の楽器を作った。

「おーい、肉神どん、お前の大好物をもってきたぞーい。」

喜んだ肉神様がその弦をポロンと鳴らすと、
なんとまあ、弦から100匹の牛が溢れ出たそうじゃ。

そして、弦を「ギャーーン!」とならすと、
その音につられて、河から蟹の大群が押し寄せた。

すっかり元気になった肉神さまは村人にいった。

「ほっほっほ。おおきくなれよー。」

村人は肉と蟹をほおばり、肉神様の弦の音にあわせて
いつまでもいつまでも踊りつづけましたとさ。
めでたし、めでたし。

という事で、漢方先生の宴にくると、
今年は出さないといっていた、
肉神様のひとくちお肉がついてきます!

なんと今年は蟹も選べる!(早い者勝ち!)

ライブでチケット代に肉や蟹が付いてくるバンドは
もはや肉神を従えた我々漢方先生のみ!(ギネス申請中)

肉神様の肉は食べたことある人はしっているが、
偽装なし、正真正銘の国産高級和牛だそうな。
しかも分厚い!


絶対こないと、村飢饉のおしおきよ!


・・・・あー私なにやってんだろうか・・・・。


ついに次の日曜日だよ!

11/17(日)

漢方先生presents 
「妄想サーカス」

場所 UTERO ¥2000(+1drink) 
http://www.utero.jp/index.html

Open 18:30 Start 19:00

GINZALIGHTS 
魚座
漢方先生
ボギーのアルコールメモリーズ
キタガワギン&Gumcums(exヴィヴィアンムービン&ジェリーロール)
〇菌(ex人間&パニックスマイル)

宝物達の宴

2013年11月06日 21:57

先日、VIVREで行われた30周年記念ライブにいってきたよ。

出演がめちゃくちゃ豪華というか、
もう私にとっては、豪華を超えた
福岡バンド界の宝物みたいな人達が

これでもか

というほど出演していました。

この宝物みたいなバンドを見に行っていた当時、
私はバンドもしていなくて、
ちょうどいわゆるアマチュアのバンド
というものを見始めた頃。

友達に連れて行かれたライブハウスには、
今よりももっとアンダーグラウンドで、
危ない雰囲気がぷんぷんたちこめていて、
今考えると

「そんなに年も変わらない人達」

だったのかもしれないけど、
ちょっと近づけないオーラが漂いまくってたのを思い出す。

学生だった私はそんな世界に憧れ、
どっぷりとその世界に魅入られてしまったのです。

そのうち打ち上げなどにも参加し話せるようになると、
今まで私があった事もないような変態ぞろい!。

変態だけど、みんな凄く純粋でキラキラしてて
なにしろステージに立つととてつもなく危ない魅力。

私にとってはヒーローそのものだったなー。

そのヒーロー達が、
興奮気味におしえてくれたバンドが

「ちゅうぶらんこ」で、


「ハローフーラ」というアルバムは何度も繰り返し
聞いていたので、今回出演していたFUN☆ANAで
ちゅうぶらんこの曲をやっていたときは
ノスタルジックが止まらず泣きました。

メンバーは違えど、あの時のまま
他がまねできないほどの危なさとPOPさの融合。
ヒーローはヒーローのままだった。

「GINZALIGHTS」

もメンバーが以前在籍していた
FIELDやジャパイルなどで
当時のライブをみていて憧れていた。

今回はキーボードもからみあって、
地の底をはってるような、でも浮遊感もあって
揺らぎを感じさせる曲達。

改めて好きなバンドだなーと思った。

「パニックスマイル」は
当時「チェルシーQ」という
それはすごいイベントをしていて、
何度も見に行ったが、

「かっこいいバンドしかでてないやんけ!」



というハズレなしイベントだった。
毎回出ているバンドに衝撃を受けて帰った。

何年か前に、福岡に来ていた
パニックスマイルを改めてみて
文字通り「かっこいい!」とパニックになった。

そのパニックスマイルを率いている吉田さんが、
加入した〇菌。

ex「人間」

というこれまた伝説のパンクバンド。
人間も当時何度もみたが、
バンドみて踊りくるうという事を
教えてもらったような気がする。

耐寒さんのドラムリズムは、
当時ボーカルしかみてなかった私の
バンドの見方まで変えさせた。

そういえば初めて男の人のアレを目撃したのは
ボーカルのイワヤさんがステージで出した
「アレ」だったなー。と思い出しながらまた泣けた。

ヒーロー大集合のような贅沢な夜でした。こんな感じに。

20090825_616864.jpg

そんなヒーロー達がまた福岡で見れます!
見れるんです。絶対みてほしい。

「GINZALIGHTS」「〇菌」に加え、

じわじわ染みこむような、あの頃へ帰らせてくれる
楽曲を発信しつづけている「魚座」

私がこの世界に、はまるきっかけになった、
変態の第一人者「ヴィヴィアンムービン」GINさんと
そのベースラインには何度もしびれた、
先生の義兄弟。ジェリーロールのテツが融合した
「キタガワギン&gumcums」

実は「ひまわり」の頃からファンだった、
今では、いなくては本当に私的にも福岡的にも困っちゃう存在
ボギー率いる「ボギーのアルコールメモリーズ」

あの頃から今につながるトンネルを抜けると
そこは「妄想サーカス」だった。
そんな夜をあなたに

11/17(日)

漢方先生presents 
「妄想サーカス」

場所 UTERO ¥2000(+1drink) 
http://www.utero.jp/index.html

Open 18:30 Start 19:00

GINZALIGHTS 
魚座
漢方先生
ボギーのアルコールメモリーズ
キタガワギン&Gumcums(exヴィヴィアンムービン&ジェリーロール)
〇菌(ex人間&パニックスマイル)


Walk on the Wild Side

2013年11月02日 02:16

あっというまに1週間たちましたが、
先日のビアンキライブにお越しいただきありがとう!

ビアンキの常連さん達にもみてもらえてうれしかったな。
リラックスしてしたいのもあって、
リハからお酒をのんだけど、
多少・・いやちょっと飲みすぎてのスタート(笑)。

キシダイスケさんは、「風をあつめて」を
風のようにさわやかに歌っていて、
とてもリラックスできる歌声!

その後の先生達の音響もしてくれて、

「カラオケスナックのような~」

という要望にもバッチリこなしてくれたよ!

そして漢方先生は今回もsissyと二人で。
ななめ後ろで映画「田園に死す」が流れている中、
ソファーに座ってのライブは気持ちよかった!

s-PA260586.jpg

s-PA260556.jpg



途中たまたま通りかかった老夫婦?の方達が
「歌が聞こえたから~」と店に入ってきてくれた!

めっちゃうれしくなり

「昭和歌謡とかは好きですか?」

絶対的にどんぴしゃでしょう!ズバリそうでしょう!

そうなんだろう、ねえあんた


・・・・と思いながら、どや顔で聞いたら、

「歌謡曲嫌いなんだよね~。」

とまさかの返答・・・・冷や汗でたね。
でもなんとか最後まで聞いてくれた。フー。

「イエスタディをうたって」「帰れない二人」「朝日楼」
「浅草キッド」「炎のたからもの」「ロマンティックが止まらない」
「ひこうき雲」「ねえあんた」「満月小唄」「お定のモリタート」
アンコール「恋の季節」リクエスト「ケムリ」

と総12曲も。やりすぎ!
長い間、暗い曲にお付き合いいただき
お客様には感謝!

そしてその暗雲を吹き消すかのような
大石みつのんさんのライブステージ!
一気にハッピーモード。

まさかの中学いっこ上の先輩だった。
学ランのみつのんさん見たい(笑)

アンコールで歌った
「ダンテライオン」が
すごく心に染みた。よかったなー。

そういえば、私もアンコールでたまたまやった

「恋の季節」

ですが、先日、
作詞の岩谷時子さんが亡くなったと知り、
歌ってよかったとおもった。

先生のテーマ曲「愛の賛歌」の作詞もされてるかた。
同じくしてルーリードも亡くなったが、
歌はずっと残る。今も部屋で聞いてる。
私も残る歌を残さねばと思いました。

ここ最近自分自身について、わけわからんくなり
もやもやが止まらない日々でしたが、
自分が尊敬できる人達にあいにいったりして
人間というものを研究しています。

アリさんマークの引越しセンターのように

「真面目にがんばったからよー。」

と自分自身に言えるようにしよう。


まあ、そんなこんなでそのまま打ちあがり、
気が付いたら5時まで呑んでた。
リハから考えたら12時間!?

いやー、楽しかった。

企画、手作りフライヤーから
酒の世話までしてくれたshimo君、
素敵な店を提供してくれたビアンキさん、
暖かい目でみてくれた常連さん達、
どうもありがとうございましたー!

近所に居心地のいい場所発見もできた夜でした。



そしてついに、11月がきました!
漢方先生プレゼンツ「妄想サーカス」

真面目に頑張るといったとたんに、
フライヤー裏面の日付が11/7になっている
誤植を発見。(発見してくれた耐寒さんありがとう!)

11月17日でございます。
11月17日なのです!


すばらしく妄想できる夜になることまちがいなし!
だまされたとおもってきておくんなまし!

11/17(日)漢方先生presents 「妄想サーカス」
場所 UTERO ¥2000(+1drink) 
http://www.utero.jp/index.html

Open 18:30 Start 19:00

GINZALIGHTS 
魚座
漢方先生
ボギーのアルコールメモリーズ
キタガワギン&Gumcums(exヴィヴィアンムービン&ジェリーロール)
〇菌(ex人間&パニックスマイル)