てんちゃん

2010年02月14日 09:35

モモちゃんがなくなってからというもの、
気がつくと犬の販売ページばかりをみる夜を
すごしていた。
ペットショップなどを調べているうちに、
今のペット業界のことがわかってきた。

どうせなら買うより、買えなくなった人から里子をもらおう!

空輸はさけたかったので、なるべく福岡の人!

そこで私はまさしくひとめぼれをした。



photo_003077_2.jpg





にっこり笑ったその顔は「おまぬけ愛嬌フェイス」
でどこかモモちゃんににていた。
色もチワワにはめずらしいお色でブルーなんとかってやつ。
めずらしいとかはどうでもいいけど、
その色も、ももちゃんの背中の色といっしょだとおもった。




そこの御宅はチワワを5匹かっているらしく、
家庭の事情で3匹だけ里子にだすみたいだ。

とってもかわいい三匹で、掲示板には
「是非我が家に!」という人が殺到していた。


「うちは持ち家一軒家で、まわりには犬を走らせる公園もあり・・・」
「うちはトリマーの娘がおり、病気の発見などもすばやく対応・・・」



・・・・勝てない。こんな強者ぞろい勝てない。
しかも11月から募集しているなら、きっともうきまっているだろう。


あきらめて何日もすごした。
募集期間が終るギリギリの日になって、
やっぱりダメもとでだそう!

後日、やっぱりだめかとおもっていた矢先、
返事がきた!

「今募集しているのはてんちゃんです。是非会いにきませんか?」


うほー!候補者にあがっている!
しかも私がひとめぼれした@@「てんちゃん」が
残っている?!!

とんとん拍子に会う日がきまり、レンタカーをかりて
友達とむかった。
品のいいご夫婦がでむかえてくれた。

「他にも候補の方がいらっしゃるんでしょうか?」

聞くと、

「実は何人か見に来られたんですが、この子だけは
うちには合わないかもと帰られたんです・・・。」



てんちゃんがのこっているのには理由があった。

続く・・・



最新記事