散りゆく美学

2010年06月15日 13:29

いやー、先日のはやぶさ祭りは熱かったねー。

最後のミッション

「燃え尽きるはやぶさに地球をみせたい」

というみんなの気持ち。

実ははやぶさは地球にカメラを向ける動力もギリギリ。

それにくわえて「イトカワ」撮影後はカメラの電源を

きっており、カメラが起動するかどうかもわからなかったらしい。

最後の力をふりしぼって、カメラを地球にむけ、

はやぶさは5~6枚の写真をとった。

撮った写真は真っ黒。


でも最後にとった1枚だけ、太陽に照らされた地球の写真がのこされていた。

下のほうの写真が黒いのは、途中で通信が途絶えたかららしい。

本当にギリギリだったんだねー。

30分後、はやぶさは大気圏に突入して燃え尽きた。


はぁ~。


日本人は散る美学にやはりよわい。

こんなにロマンチックな写真を久しぶりにみました。

20100614k0000m040124000p_size5.jpg




はやぶさお疲れ様。


2週間後のカプセルの開封が楽しみです。



最新記事