プラハの天文時計

2010年10月17日 16:54

チェコにあるプラハの天文時計は、天文盤とかがあって
もともとすごくかっこいいんだけど、
先日建立600周年ということで、
この時計台をつかったプロジェクトアートが完成した。
まあものすごいクオリティで感動だよ。生でみたかったなー。


The 600 Years from the macula on Vimeo.




そして、クオリティのすごさと生で見たいという意味では、
もう結構昔から恋焦がれている

「リトルガールジャイアント」

フランスの大道演劇グループ Royal de Luxe のパフォーマンス「サルタンの象」
の一環として登場する巨大な木製操り少女人形。
少女だけじゃなくて、蜘蛛とか象とかもでてくるけど、
とにかくこの少女の表情とか動きが生きてるとしか思えない。
ものすごく会いたい。一回蜘蛛は横浜にきたんだよなー。
少女こないかなー。



象が歩くときの砂煙とか芸が細か言ったらない。
日本のテクノロジーを屈指したロボットがリアルな表情って
ニュースになっていたけど、こっちのほうが感情が伝わるって不思議。



最新記事