藤井よしえさんの通夜

2010年11月08日 18:18

昨日はよしえさんの通夜にいってきた。
最初は全然実感が沸かなかった。

会場にはいると、哀しいよりも先につーっと涙がでた。
感情よりも先にただでた。
式が進むと今度は哀しい感情の涙がでた。

お焼香のときに、間違って炭をつかんでしまった。
めちゃアチってなったけど、誰にも気づかれてない。

・・・・と思ったら隣のパトラがしっかり目撃していた。
きっとよしえさんも私らしいと笑ってくれただろう。

最後のお別れをいいに、よしえさんの顔を恐る恐る覗く。
ほっとした。それはとてもとてもきれいな顔だった。
きれいな花に囲まれてばっちりお化粧もして、不謹慎かもしれないが、

「よしえさん白雪姫みたいやなー。」

と思った。そして、さすがやなと
変に感心をしてしまった。

よしえさんの顔をみて、
ちゃんとお別れができたなとおもった。

通夜にはものすごく沢山の人が次々に来ていて、
改めてよしえさんの凄さを知った。
いつも笑顔の知った顔たちが、ものすごい悲痛な
声がきこえそうな、みたことない顔で、
それもとってもつらかった。
あまり誰にも話しかけれないほどだった。


前日事情を話してもしかしたら葬儀に出席するかも
という連絡を会社にいれていたが
自分の中でおわかれができたと思ったので、
次の日は葬儀にいかず、会社にいった。

葬儀が始まる11時。
また勝手に涙が出てきた。
髪をおろして隠していたので
気づかれてないと思ったが、
会社の人から

「今日はもう帰っていいですよ。」

といわれる。
一度は断ったが、二度目に

「今日はがんばって残っても頭に入らないと思うし、
ちゃんと次回時間をとるから。」

といわれ昼に帰宅。
ちゃんとお別れしたつもりだったのに、
じわじわ実感が沸いてくる。


そして実は昨日の夜から左胸がいたい。
私はあまり人の死にかかわる事があまりなく、
前回友達のお父さんの葬儀の後、
やはり胸が痛くなり、翌日帯状疱疹になってしまった。
またなりそうな予感。
私よりもっと身近でつらい人は沢山いるのに、
情けないと思う。

今日は急遽、天神ふとっぱらにて、
よしえさんを偲ぶ会があるそうだ。
きっとみんなさみしさでじっとしてられないんだろう。

そんな気持ちにさせるよしえさんを
やっぱり凄い人だとうらやましく思う。
私もそろそろ行こうかな。

よしえさんを偲びたい方は誰でもきてください。
たぶん史上最大数がふとっぱらに集まるでしょう。








最新記事