奇族達の仮面舞踏会

2013年01月14日 20:49

先日貴族がもてなす貴族の為の
貴族しかこれない晩餐会の招待状が届き、
乗馬のレッスンをキャンセルして、参加してきたんですの。

世界各国のおいしい料理がもてなされるとのことで
私もなにかお土産をと思い、

「チーズソムリエ世界第二位 
井上裕子も絶賛したトルコ産スミルナ種マウント乾燥イチジク」



とワインをアラビア経由で空輸してお持ちしたの。
とっても喜んでいただけたわ。

主催の

「赤ワインの牛すじ煮込み~ロマネコンティ風味」

も食通の私達をうならせたのだけど、
最近貴族会でも有名な、
アイアンチカラシェフが自ら振舞う

「国産チカラ牛」

には、
主催の西○きよし貴族も目玉が落ちそうになってたわ


_DSC0830.jpg

「小さな事からコツコツと!」

各界の貴族が集まるので、素性を明かせない方々もいることから、
全員仮面をつけていくのがルールだったのですけど、
さすがきよし貴族ね、ヘレン婦人ともども顔丸出しじゃないの!
丸出しすぎでこっちが心配したわ。


そんなゴージャスな会場の
目の前の大型スクリーンでは、
ウジェヌ・スクリーブの戯曲(NHKのど自慢)が流れ、
カジノコーナーでポーカー(ぶたのしっぽ)などに興じて
きたのですけれども、


「大人の底意地みせたらぁー!」


と子供相手に少々ヒートアップ。
貴族なのにちょっとはしたなかったかしら。
反省、反省。

はしたないといえば、今回初めてお会いした貴族に

「アナル君」
「アナル夫人」

がいらっしゃったのだけど、わたくし生涯でこんなに
アナルって発したの正直初めてよ。

そんな貴族達の仮面舞踏会、
次回また招待状がとどいたら、
イタリアから駆けつけようと思いました(自家用ジェットで)
アデュー!



最新記事