輝国のミステリーハンターこと漢方先生と行く大阪5日間の旅 その6 え?まだ2日目ですか?セルフ祭2日目

2014年12月26日 20:52

さあ、明日はラウンジサウンズ!

年を締めくくる祭りに
二千円ポッキリで

昼の2時から23時まで!
騒ぎ散らかそう!


では、どんどん濃くなっていく
明日の祭りのような
大阪日記をどうぞー!

はぁ~随分書いたはずなのに
まだ二日目だ。大阪はこゆすぎるんだよ!



二日目~



私達は早起きして朝食を食べに新世界へ!
ホテルから歩いてすぐだから便利ー。



外に出てあれだけ初日臭かった町が
ムシューダになっていた!
いいのか悪いのかわからんが
1日にしてすっかり大阪にそまった二人である。


大阪といえば串カツ!


えー!朝からー?
とあきれる人もいるかもしれない。



だが私達をみくびってくれちゃあ困るのである。






朝から串カツ(kushikathu!)も寿司(sushi!も(ついでにsakeも)食べたいんじゃー!




なんと大阪は都合がいいことに、
串カツも寿司もどっちも食べられる店が
山ほどある。



しかし有名店は凄い行列!



今すぐ串カツあるあるいいたい私たちは
すぐ入れてはいりやすそうな「やまと屋」に入った。



ここが大当たりだった。



寿司一貫でたのむと、結構お高いが、
何故か10貫だと500円!
串カツも安くておいしーー!



もちろん朝からお酒。日本酒熱燗。



なんとこの店、



2合頼めば、何故か1合おまけがつくシステム



DSC03507_2014122118460672d.jpg






さすが商売の町大阪。
高枝きりばさみを買うとワニ皮ハンドバックがつくのと
同じやつである。




いい店~、そして飲みすぎ~!




朝からはちきれんばかりに食べて
お店のおばちゃんともすっかり打ち解け
また来ると約束し(実際あとからボトルいれるまでになったけどね!)
上機嫌でセルフ祭へ!




昨日初体験の、一日目。



セルフ祭がなんだかわからず、
でもなにかをつかみかけていた、本日二度目のセルフ祭。



私達は次の日の予定をキャンセルして、
もう一日がっつりとセルフ祭を楽しむことにしたのだった。




主催者の人が言うには、
最終日なのでどえらいことになる!
とのこと。



福岡から持参の衣装(ただのステージ衣装)などを持ってGO!



広場に行くと、前歴の日記で書いた



「人並べの儀」をした物の怪達が
何故か




黒田節



を唄っていた。なぜ大阪で黒田節?!



P1011092.jpg




昨日の走り去って行った
セルフ祭いち気味悪い神様もいた。





実はピカスペースでしゃべってとってもいい人だったので
怖さも半減・・・・・・・・・・・・・




とおもいきや、やっぱり怖いんですけどー!





P1011078.jpg






なにコレ!!?
P1011079_20141221021731f82.jpg




すてられとーし!
P1011098.jpg






そのうちに



「敬老の儀~敬老の儀~」



という声があちこちで聞こえ、
またもやハーメルンのごとくついていく。



ステージには何故かおじいさんとおばあさん。




P1011101.jpg




よくみると、あ!!セルフ祭にいっぱいはってあった
ポスターのおじいさんや!!




P1011074_20141221191001ba6.jpg





このポスター色々あったけど、めちゃくちゃおもしろい!




P1011075.jpg







そしておばあさんがアカペラで





「赤~い~りんごにぃくちびぃ~るよーせーてぇ~」





と朗々と唄いだした!
普通こういうのってカラオケとか用意しそうなもんだが、






一切なし!!アカペラ!!手拍子!!







しかしそれが逆になんかいい味をだしていて、
すこぶるかわいい。あまりにかわいいので思わず動画とった。
(無許可なのであれなときはいってください。)









エフェクトかけたまま撮ったのでみにくいけど
ほっこりした雰囲気はわかるかと思います。






その後もおじいさんの詩吟と居合いが続き、
その様を周りの人達がニコニコみるという


ハートフルインフィニティー!







そこでふと思ったのだが、
セルフ祭って「おのれを祭れ!」というコンセプトで
ぱっと見




「自分一番!」




みたいな感じだが、本当はこの小さな商店街を
活性化、再生させるためのものじゃないのか?!



そうだとしたら、なんて素敵な祭りなんだ!





なかなか人のためにってのがはずかしいご時勢。
自分を祭ってるつもりが、他の人を祭ってるし、
しかも楽しいし、winwinじゃないですか。



胸があったかくなって、また色々見ていたら、
今度は




「風呂がでるぞー!風呂がでるぞー!」



風呂?船じゃなくて?



みたら風呂にはいったおじいさんがじぶんそっくりの絵と
ともに、みこしのように担がれ、ご出航されていた(笑)


P1011106.jpg




オモロー!




そんなこんなでハートフルセルフ祭を堪能していた私達だったが、
まさかこの後、正気の沙汰とは思えない、
狂気のまつりになろうとは、
この時の二人は知る由もなかったのであった・・・・・・


続く。



最新記事