六本松で会いましょう

2016年04月27日 17:28

九州で大きな地震があった次の日、
先生はたなちゃんが企画したライブのため
初めて広島に行きました。

まあ本当に濃い4日間でした。
早く日記にあげたかったけど、フェイスブックは
連日地震の大変な状況で埋め尽くされていて、
旅行日記などあげていいものか迷ったのですが、
楽しかった思い出をなかったことにはできないので
やっとこさ重い腰をあげたわけです。

前日福岡で一人カラオケ練習をしていたとき、
久々の大きな揺れをかんじました。
ツイッターでは大騒ぎになっていて、東日本の震災も頭をよぎったりして
タクシーで飛んで帰りました。

その日は余震もつづいて一睡もできず、
家が心配なまま広島へ。
深夜12時すぎについて、広島で一人飲みをするつもりでしたが
そんな気にもなれず、そうそうネカフェへイン。

ネカフェのトイレで歯を磨いていた時に
まさかの地震速報のアラームが。
うお!なぜ広島でも!?
そう思った瞬間、長い揺れ。

もうこれ、どこにいても大地震に合う可能性あるやん。

福岡では泡だらけになった道路とか
こちらよりもひどい揺れだし、熊本や大分はとんでもないし
震源地が変わっていく様子は、得体のしれない
気味の悪さで、NHKを凝視しながらまたも寝れない夜。


かなりしゅーんとなってしまいましたが、
いつこの世の終わりがくるかわからんなら、
楽しいことをめいっぱいしてやろう。
そう思って、広島を目いっぱい堪能してきました。


楽しさを気力にかえて、今もなお大変な生活をしている
熊本や大分の人になにかできないかなと思った矢先
ボギーから義援金を集めるライブにさそわれました。

その時、漢方先生は広島を最後にバンドやソロ活動を
一時期お休みするつもりでしたので、ライブのオファーを
すべてかたくなに断っていたのですが、熊本や大分の地震支援を
自分一人で何の役にたつのだろうと思っていたので、
喜んでださせていただくことにしました。
なんか近所の洋裁店の閉店します詐欺みたいになってきてますがw

ああー、たのしかったとみんながお金をきもちよくだせる
ライブにしたいと思うので、是非是非みにきてください。
普段ライブとかいかない人も、カレーのおいしい素敵なお店です。
はずかしいぐらいしか募金できないとおもってても、
そんな人が集まればいいし、とにかく楽しい気持ちをのせて
大変な人たちがすこしでも普通の生活にもどれますように
六本松で会いましょう。

terataliveのコピー


5/6(金)『六本松で会いましょう』
@アトリエてらた
(福岡市中央区 六本松3-5-28)
20:00スタート
投げ銭+1ドリンクオーダー
(※投げ銭はすべて熊本大分地震の義援金にします)
出演)横沢ローラ(東京)、ボギー、漢方先生
※ミュージシャン飛び入り歓迎




最新記事